連続再生
アフトン川の流れ
(Flow Gently Sweet Afton)
 (スコットランド民謡)
  作詞 ロバート・バーンズ
  作曲 スピルマン

MP3(1.32MB)。3分55秒。声はボーカロイドのLolaです。
中学時代に覚えたように思います。ここでは原詞で制作しました。おおらかな気分がとても良いですね。
なお、薮田義雄の和訳を別のページに載せています。

原詞 直訳(詞の体裁をなしていませんので承知願います)
1
Flow gently, sweet Afton, among thy green braes
Flow gently, I'll sing thee a song in thy praise
My Mary's asleep by thy murmuring stream
Flow gently, sweet Afton, disturb not her dream.
Though stock-dove whose echo resounds from the hill
Ye wild whistling blackbirds in yon thorny dell
Thou green created lapwing, thy screaming for bear
I charge you, disturb not my slumbering fair.

緑の山あいをやさしいアフトン川が静かに流れる
静かな流れ、私は賞賛の歌を歌う
メアリーは清流のほとりに眠る
静かな流れアフトン、彼女の夢を妨げない
家鳩が丘から鳴けども
野生のツグミはイバラの丘でさえずる
緑はチドリをもたらし、熊に叫ぶ
私は望む、私の良いまどろみを妨げないことを
2
How lofty, sweet Afton, thy neighbouring hills
Far marked with the courses of clear winding rills
There daily I wander, as morn rises high
My flocks and my Mary's sweet cot in my eye.
How pleasant thy banks and green valleys below
Where wild in the woodlands the primroses blow
There oft, as mild evening creeps over the lea
The sweet scented birk shades my Mary and me.

やさしいアフトン川よ、曲がったコースに従い高い近隣の丘を
遠くまで跡をつけたきれいな川
朝日が高く昇る時、私はさまよう
群そしてメアリーのやさしく小屋が目に入る
何と楽しいのか、土手と緑の谷の下流
森では宵待草が花開く
穏やかに夕暮れが草原に這い寄る時、いつも
やさしい香りがメアリーと私を影で隠す
3
Thy crystal stream, Afton, how lovely it glides
And winds by the cot where my Mary resides
How wanton thy waters her snowy feet lave
As gathering sweet flow'rets, she stems thy clear wave.
Flow gently, sweet Afton, amang thy green braes
Flow gently , sweet river, the theme of my lays
My Mary's asleep by thy murmuring stream
Flow gently, sweet Afton, disturb not her dream.

清き流れアフトンが何となめらかに滑る
風がメアリーと私が住む牧場を吹いてゆく
彼女の白い足を水が何と気まぐれに洗う
やさしい花々を集めたようにきれいな波をせき止める
緑の山あいをやさしいアフトン川が静かに流れる
やさしい川、それは物語の主題
メアリーは清流のほとりに眠る
静かな流れアフトン、彼女の夢を妨げない