すなどけい事件簿

Part1

01

へんなお客さん

06

この虫とって下さい!

02

私の失敗

07

25年間で1人だけ

03

よして下さいよ

08

高くついたコーヒー代

04

リンゴ一個1万円なり

09

恐怖の団体客

05

花束一杯の不幸

10

これしょっぱいよ

Part2

11

若い営業マンの失敗

16

試してみるのもいいけど

12

教訓!寝た子は起こすな

17

突然に響く渡る罵声

13

そこまで云わなくても

18

初めてのアルバイト

14

どこからともなく聞こえる声

19

洗った様なお皿

15

私はすけべ親父じゃない!

20

一杯のかけそば

Part3

21

電話の先は誰??

26

盗み聞きはダメダメ!

22 すなどけい珍記録 27 要注意人物 出現
23 こんなまずいの食った事がない 28

変な一言

24 ふと思い出した昔の出来事 29 ちょっと顔ヘンですけど?
25

その犯人は私です

30 太っ腹な??お客さん

Part4

31 タバコ一本
32 シクラメン

No.1

へんなお客さん

その男は突然にカウンターへ現れた。

珈琲を注文する、そこまでは普通のお客さんだった。

マスター! 珈琲に らっきょ 合うんだよね、

はぁ??

男はおもむろに懐から袋を出し、ボリボリボリ

そんなに広くはない店には らっきょの 臭いが・・・・

そんな物 珈琲に合うか!!!!


No.2

私の失敗

思い違いから友人はトイレに入っているとばかり思っていた私

トイレ出てきた人からは手も洗わずバタンといきよいよくドアを開けた。

とっさに 汚ねえ!手 洗わねーの!と振り向くと、そこには、

さっき来たばかりのお客さん、一瞬の沈黙のあと、

その人は足早に珈琲も飲まず店を後にしました。

ごめんなさい・・・ と云っても二度と店には来てくれませんでした。


No.3

よして下さいよ

マスター!変な話だけど俺のツバって粘着力があるんだよね、

と云う男。男は口をもぐもぐさせると口元から白い物が たら〜り

20センチも伸びたところで!ずぅずぅずーぅ!!

バカ野郎!ここは喫茶店だぞ! そういう事はラーメン屋さんで

やって下さい 。


No.4

リンゴ一個1万円なり

たまにお酒をたっぷり飲んだお客さんがいますが、私は嫌いです。

その日はいつになく泥酔の男の人、入るなり騒がしく声を上げたの

で、いつものように丁重に退店を願ったところ、俺は客だぞとどなり

はじめました 。そのリンゴをよこせ!!  私はプチンしてしまいま

して、おぉ上等だ1万円 だ!と云うと、1万円置いて帰ってしまいま

した。別に脅迫してないから罪では 無いですよね。


No.5

花束一杯の不幸

楽しげに大きな花束を抱えて店に入ってきた男。

連れが後で来ますからその時にオーダーします。

そして、しばらくして来た彼女は二言三言話をするとオーダーする間

もなくさ っさと帰ってしまいました。

残された男に先ほどまでの微笑みはなく、すみません!コーヒーいい

です。この花いらなくなりましたから差し上げます 。

男は帰りました・・・・あの時の君!! 今は元気か

な。いやーぁ! 人の不幸ってとっても楽しいですね!


No.6

この虫とって下さい!

突然に響いた若い女性の悲鳴、店にはあいにく人影もまばらで、

あわててテーブルに行くとその女性は、この虫取って下さい!!

と、自分のズボンの股の間を指さし、これ!これ! 取れといわれても、

そこはあまり他人が触れてはいけないところ”禁断の花園、エ!!い

いんですか!いいんですか!と知らない人が聞いたら変な会話になっ

てしまって、結局私が手をのばして取りました。

蜘蛛さん、忘れられない思い出をありがとう!


No.7

25年間で1人だけ

朝からその日はとても忙しい日でした。

お昼の忙しさも一通り終わった頃、突然現れた数人の男たち。

店長さん!私こういう者ですが、と差し出した中原警察と書かれた手帳。

はぁ?と取り付く間もなく奥にいた男性に声をかけるとつれていってしま

いました。何か悪いことをしたのでしょうけど、私はそんなことより、誰が

金をはらうんだー!!


No.8

高くついたコーヒー代

1杯1万円のコーヒー。不幸な人はいるもので、

当店前の路上で駐車違反で反則キップを切られた人が25年間で一人だ

けいます。コーヒー飲むくらい許してくれればいいのにその日の婦警さん

だめでした。

反則キップ切られるわ、罰金は払うわ、ただ、その人はそれで終わらず

にその帰り道コンクリートミキサー車にオカマほってしまいました。ケガ

はありませんでしたが、こういうのを 踏んだり蹴ったり というのでしょ

うね、本当に高くついたコーヒー代でした。


No.9

恐怖の団体客

忙しいということはとてもいい事で、店に活気が生まれるし、

やりがいも生まれる。特に5〜6人位のお客さんだとにぎやかですが、

金額も高く付きます。

その日も忙しい一日、そしてその数人はやってきました。

にぎやかにおしゃべりをして小一時間、さて帰りましょう!!

マスター!おいしかった! マスター!また来るね!

うるさくてごめんなさいね!一人一人口々に挨拶する人達。

感じがいい人達だ。そして最後の一人が

マスター! ごちそうさま!!(バタンと戸が閉まる)・・・・・

一瞬の静寂あと誰もいなくなりました。

お金は?? ヘェ?? ナニ??

小心者の私は後を追うことは出来ませんでした。

後日その中の一人がやってきて話をすると、

えー!やだー!先輩がおごってくれるって云ったのに!!うそー!

その先輩は最後に帰った人、みんなで勘違いをしていたそうです。

よかった、わざとじゃなくて、正直云うと疑っていました。ごめんなさい!!


No.10

これしょっぱいよ

客さんの注文でココアを作りました。

お客さん云わく、マスターこのココアしょっぱいよ!

エ!砂糖と塩間違えた?! ごめんなさい、すぐ作り直します!

今度は間違えずに砂糖を入れて、ハイおまちどう様。

お客さん云わく、マスターこのココアしょっぱいよ!

エ!何だ!

よくよく調べるとしょっぱいのはココアでなく生クリームでした。

誰だ生クリームをホイップするのに塩入れたのは!


No.11

若い営業マンの失敗

喫茶店のお客さんにはいろいろな性格の人がいらっしゃいます。

おもしろい人、静かな人、そして怖い人。

よせばいいのにその営業マンは・・・ 

マスター!自動販売機置いてくれませんか。

ごめんね!うちはそういうのはいらない!他当たって。と断ると、

若い営業マンは食い下がって、そこをなんとかお願いします。

でも、いらないよ。と、やりとりしている時にカウンターに座る初老の男性。

いらねぇといってるだろ!しつこいんだよ!と横やり。

その営業マンはうるせんだよ、お前なんかに聞いてねぇよ!!

さぁ大変、その人は元ヤクザ、傷害事件で何度も警察にお世話になってる人、

今でも若い者には負けないと自負する怖い人。

そのまま、表に2人で出て行くと。外で大喧嘩。

若い方も負けない勢い、大声で始まってしまいました。            

営業の上司と私はあわてて止めに入って、何とかその場は収まりました。

やっぱり人は見て話をした方がいいと思います。


No.12

教訓!寝た子は起こすな

酔っぱらいは嫌いだ。それは前にも云いましたが。

でも知人ではそうも言えない。

若いのだから飲み過ぎもありますよね。身体には良くないが。

その日も飲み過ぎてカウンターで寝込んでしまった若者。

夜も更けてそろそろ閉める時間、おい、そろそろ閉めるぞ!起きろ!

揺すってみるが起きない、おーいおーい、起きろ!

それでも起きない、最後に腕をもって家まで車で送るから起きろ!と、

起こした瞬間、ウグゥ!ゲロゲロ・・・・グゥグゥゲロ・・・

私も一緒にゲロまみれ、

それ以来寝た子は起こさなくなりました。と云うより起こせなくなりました。


No.13

そこまで云わなくても

商売柄お客様より郷土の土産をよく戴きます。

ある日の昼下がり、戴き物のお土産ですけど食べません?と、

お菓子を差し出す物静かな女性客、それは浅草銘菓と書かれたちょっと

アンティック風の包み。いつもすいません、いただきます!

その女性は店の隅の席に座って読書にふっけていました。

そこへ、いつもにぎやかな女性客、カウンターに座るなり、

なに、このお菓子、ださい包み、食べてもいい?

どうぞ!食べて。私は目配りをしながらそこの人がくれたと云おうとするが

聞く耳もたずのその人は、なにこれ不味い!

ださくて不味くてひどいお菓子。誰、こんなの持ってきたの、田舎臭い!!

カッペね!!とまくし立てて、ささっと帰ってしまいました。

あ然とする私に、隅の席に座る女性は・・・・

何もそこまで云わなくてもいいじゃない。ひどいわ!

口は災いのもと、ご注意下さい。


No.14

どこからともなく聞こえる声

酔っ払いの話はいろいろありますが、これもその一つ。

店に入るなり酔っぱらっていると分かる人。

でもその人は静かなのでそのまま席へ着くと珈琲を注文、

そして、トイレへ。しばらく出てこないが気にもならずにいました。

と、どこからか聞こえる声、でも何を云っているか分からない。

外から聞こえるのか?遠くから聞こえるのか?

他の客と顔を見合わせながら、何だ!?

ふとトイレの方に耳を寄せると、

カミー、カミー、紙がなーい!!おーい おーい かみー!

え!と思ってトイレのドアを開けると、二重ドアの中ドアを鍵も掛けずに、

完全にお尻がオープンされた状態でその男は仁王立ち、

中ドアーを閉めていれば何も見えないが、開いていた為、

店中の客がその男の尻に視線を集める事態になってしまった。

あわてて閉めたが男はまだ云うのでした、おーい紙がなーい!おーい!

ちなみに紙はすぐ手のとどく棚に置いてあったが、

酔っ払った男には目に入らなっかた様です。

仕方なく、私がトイレットペーパーを手渡しその男は静かになりました。


No.15

私はすけべ親父じゃない!

いらっしゃいませ! とお客さんに水コップを差し出す私とお客様の位置関係は

上からのぞき込む位置になってしまう、それはしょうがない。

残暑残る暑い日、その薄着の女性客は来ました。

いつもの様に水コップを差し出し、いらっしゃいませ!

わぉ!ノーブラだこの人、丸見え と思った瞬間、その人は顔を上にあげると

目と目が合ってしまいました。その人はとっさに胸を腕でおさえ胸を隠すのでした。

そしてその時のその人の目は ”スケベ!!”と云う目でした。

それは確かに見えましたが、自分で見せといて、明らかに私をスケベ扱いした貴女、

私はくやしーい!!


No.16

試してみるのもいいけど

飲み物も組み合わせによってはいろいろなバリーエーションがあります。

なかには変わった注文もあって、レモンスカッシュのフロートとか、

かき氷のイチゴにあずき入れてとか、コーラをホットにして (これは実際に

メニューとしてあるみたいですね、やってみたけどあまりうまくなっかたな) とか、

ミルクセーキをホットでとか、ちょっとかんべんして、というのがホットミルクに

生玉子全卵、飲むときに卵白がズルズルと音を立てました。思わず ウッ!

気持ち悪い!


No.17

突然に響く渡る罵声

なにジロジロ見てんだよ!このババー!!

突然に響き渡るその声は20歳より若いかなと思われる女性。

そしてその相手は50歳位の怖いもの知らずのおばさん。

偶然に隣合わせに座った2組は世に云う ”つっぱりねーちゃん&オバタリアン”

沈黙のにらみ合いの対戦結果はオバタリアンの退場でつっぱりねーちゃんの勝ち、

そして勝者の捨てセリフは ”ざーけんじゃネぇよ!!”

こわい! と云うか、このねーちゃんがいずれオバタリアンになるかと思うと・・・

仲々見栄えのするおもしろい場面でした。


No.18

初めてのアルバイト

20年以上も喫茶店を経営してると変わったお客も多いが変わったアルバイトも多い。

午前中バイトをして食事休憩の後消えてしまった女の子(後日バイト代を取りに来た

のにはおどろいた。)

サラリーマン家庭の人に多いのが いらっしゃいませ! が云えない子。

最初の一言を口から出るまで2日かかりました。そんな子が今までに二人はいました。

そしてお客さんにアイスティーを頭からかけてしまい、その場で泣き出してしまった女の子。

バイトを始めたその日に親が来てこんな所で働くんじゃないお前は勉強が仕事だ!と

連れ帰ってしまった親(こんな店で悪かったね、働く事だって勉強だい!)

いろんな人がいましたね。

初代アルバイトの ”かめちゃん” 懐かしいけど今連絡も取れませんね。

もし、これを見て あ!俺だと思ったら連絡ちょうだい!


No.19

洗った様なお皿

あまりにもきれいなので、そのまま片付けてしまおうと思ったそのお皿は、

実は今アイスクリームを出し、戻って来た物だった。

お母さんと小学生低学年のその子は、ていねいに、ていねいにお皿をきれいに

なめてくれました。そのお皿はいつもよりきれいに輝いていましたが、私はいつもより

丁寧によく洗いました。

なめたようなお皿は、綺麗なのでしょうか?それとも、汚いのでしょうか?

貴方はどう思います (^_^;)


No.20

一杯のかけそば

数年まえに 「一杯のかけそば」 という話が流行ったことを覚えているでしょうか。

私の店でも似たような話があります。と、云っても感動ではなく、単なる節約です。

2人の幼子を連れたその母親はテーブルに座ると私に注文しました。

すみません、クリームソーダひとつ下さい。

ハイと差し出すクリームソーダ、そして母親は、すみません、お皿1枚貸して下さい。

一人の子にはアイスクリームを、もう一人にはソーダ水を、そして母親は氷を食べながら

たばこに火をつけるのでした。

皆さんがこのような節約をしたら店は儲かりませんが、節約の知恵とはこの様にするのでしょうね。


No.21

電話の先は誰??

さほど広くない店の中で大声で電話、誰の耳にも聞こえる程でした。

すみません!皇居ですか?皇后さまはいらっしゃいますか。

私困っているのですが、皇后さまが差し向けた殺し屋が私を追いかけて来るのです。

何とかして下さい!

何とかと云っても、そんなこと大声で云うものだから、十数人いたお客さんは皆、

あっけにとられて、シーンとしてしまいました。

何だったのでしょうか、あの人は?


No.22

すなどけい珍記録

最長テーブル占有時間記録・・・・・・11時間30分

一人のお客さんがずーっと漫画読んでました

最長カウンター占有時間記録・・・・・14時間

開店から閉店まで お尻が痛くなったそうです

最短記録・・・・1分

いらしゃいませ!と云うが早く ”珈琲お願い!”と云うとトイレへ

出るが早く ”珈琲いくら? 350円? ハイここ置くよ!” と

出ていきました。トイレだけならお金なんかいいのに。

一人で一番飲み食いした人・・・・3800円


No.23

こんなまずいの食った事がない

いろいろと仕込みをする品物がありますが、中には大失敗もありました。

と、ある日の午後、タマネギ切って、ジャガイモ、にんじん、豚肉と

ようするにシチューを作ってました。

もう出来上がりの段階で、後はじっくり煮込むだけ、ふたをして小一時間

そろそろとふたを開けると、そこにはシチューと一緒にマッチ箱が散乱

ゲゲ、何だ!

ふたを置いたところにマッチがあり、うらにマッチがくっついたままふたをして

しまったようです。

でも、もしかして大丈夫かと味見してみましたが、それはもうなんて云うか

おぞましいと云うか、ものすごい味で、二〜三日口にのこっていました。

多分犬も食わない味とはこんな味なのでしょうね。


No.24

ふと思い出した昔の出来事

22年位前の出来事。

店の前に当時漫画などでよく知っていた名車、”ロータスヨーロッパ”が横付け

された。時価数千万円するらしい。

降りてきた人はよく来ている常連さんで、気のよい人だった。

珈琲を飲みながら外を見ると、おぼつかない足取りで自転車に乗った子供。

あ、と思った瞬間その子供は、止まっているロータスにドカーン、ドアーにキズを

付けてしまった。

その常連さんは急いで外に出て、君どこの子?お母さんは?

と、その後ろでごめんなさい私の子です。と謝る母親は私の姉で当時一緒に店を

手伝っていて、その常連さんは姉を目当てのお客さんだった。

え!親から金を取って儲けようと思ったのに、貴女の子供じゃ1円も取れないと

泣きの涙。結局笑って話は終わりましたが、その夜ロータスヨーロッパは高速道路

で火を噴いて、1円の価値も無くなったそうです。

かわいそうに、踏んだり蹴ったりの一日だった様でした (^_^)/~


No.25

その犯人は私です

皆さんは都市ガスのガス漏れ対策としてタマネギの臭いを付加してあるの知ってますか。

自家製ハンバーグをメニューに取り入れてまもなくの事でした。

夜中の12時を回った頃に仕込みをしていました。

最初はタマネギをよく炒めるから始まります。もちろん換気扇は全開。

なにやら、外が騒がしい。どうしたのかな? と外へ。

顔見知りの奥さんやら、近所の親父さんらが不安げに話し込んでます。

どうしました。と、私。

ガス臭いんですよ。どこかで漏れてるみたい。

へーそれは大変ですね、(その時はまだ気づかなかった)

そのうち、ガス会社の人がいろいろな器具を使って検査を始めた。

周りはさらに人が集まり騒然としてきた。

と、ガス会社の人の一言、ガスは本来無臭なんですよ、

ガス漏れした時に危険だから、タマネギみたいな臭い付けているんです。

え!タマネギ・・・・・

人垣を後目に妻と私はそうっと家に戻りました。

そして、火を止め、換気扇を止め、部屋の電気も消して、2人で話し合いました。

このことは、黙っていよう、誰にも言うなよ、としゃべりながら、二人で大笑いしました。

すみません、犯人は私です!(^O^)!


No.26

盗み聞きはダメダメ!

待ち合わせて来たアベックは何やらテンションを上げながら話し込んでいる。

意識して聞き耳を立ててもしょうがないが、たまに聞こえる単語の中に、

お金、お店、無駄遣い、いい加減にしてよ、離婚、誰の子だ、等々

つなぎ合わせると何やら危なっかしい会話。

でも、まあ、人生いろいろ、人の数だけ話題があるから、いちいち盗み聞き

はいけないですよね。

そう言えば数年前にもこんな事がありました。

5〜6人で来た客の会話の中にはっきり聞こえた一言!

「てめー、人の女取りやがって、ただですむと思ってんのか!この野郎!」

思わず耳が ダンボになってしまいました。

でもやっぱり盗み聞きはダメダメ!


No.27

2002年1月

要注意人物 出現!

60歳前後の普通のおばさん。

犯罪容疑 「無銭飲食」

新城かいわいの飲食店を軒並み食い回っている。

当店にも3日で3食分やられてしまいました。

3食もやられるなんて、バカみたいですよね。

1日目

いつの間にか帰ってしまった。

2日目

昨日分、もらってないと云うと夕方一緒に払いに来るから、と云われ帰る。

3日目

食事の前に、お金どうしましょうか、と尋ねると。すぐ主人が来るからと云い、食事する。

そして、帰ろうとするので、あ!お金!と云うと、

だから、後で払うと云ってるでしょ!!」 と強い口調で云われてしまったので、

「え?すみません!」 と答えてしまった。

何で私が謝るんだ (-_-;)

さすがに、4日目は来ませんでした。


No.28

変な一言

とぼけたお客さんの変な一言。

老人が4人、店に入ってきた。

いらっしゃいませ! すかざずお水を持ってテーブルへ

お客さん :  どうも! おかまいなく

おかまいなく と云われても ここは喫茶店 かまって なんぼのお店です。

お水だけでなく、オーダーもしてね _(._.)_

******

もう一つ変な一言

お客さん :  お兄さん いきなり悪いけどお金かして

やだよー 知らない人にお金貸すほどお金持ってないヨー (^^)/~~~

*******

もう一つ変な一言  (結構有名なお話し)

すみません、この珍味買って下さい! 買ってくれたら 私 踊ります!


No.29

ちょっと顔へんですヨ(*_*)

とある晴れた朝のモーニングタイム

一人の男性客が来ました。

いらっしゃいませ!・・・・・??

  顔がヘン、でもあまりに堂々としている。

云うべきか、知ってるのか?

  と、その顔は、 

鼻の下にマジックでバカボンのパパ風のヒゲ、

おでこは、タコのはっちゃん風の横波線

もみあげは、ルパン3世、

その顔でここまで歩いて来たのですか・・・(-_-;)

周りのお客さんも見ている、どうしよう?

でも、云ったほうがいいよね、と思い、周りのお客さんが居なくなるのをみはからって・・・

   私 :「お客さん 顔知ってます」

   男 :え?何が   

ウ! やっぱり知らない。

顔、真っ黒ですよ。というとトイレへ

やられた!といいながら、バシャバシャと顔を洗い、

昨日仲間と飲んで、そのまま朝珈琲飲みに来てしまった。

やられた!まいったな!はずかしいな!

この顔でここまで来てしまった。!まいったな!

よくあるイタズラですが、久々な珍事件でした。


No.30

太っ腹な??お客さん

ちょっと派手目のお客さん、まあよくいるタイプなので気にもとめなかったが、

アイス珈琲とオムライスを注文、はい少々お待ち下さい

先にアイスを持って行くと、テーブルの上で金勘定、1万円札を並べて数えてる。

ワオ!すごい まあいいや お金持ちだね と思いアイスを置く

次にオムライスを持って行くと 「ごめん用事が出来ちゃった」、と帰り支度

え!じゃアイス珈琲だけの料金でいいですよと云うと

いいのよ、はいこれね、お釣りはいらないわ、と 1万円札

え!いくらなんでも多すぎると云うと、何かみんなで食べてと云い帰ってしまった。

どうしよう まあいいか もらっちゃえ! ラッキー!

後日また来たそのお客さん、今日はしっかりお釣りもらっていくわよ

もしかして千円札と1万円札間違えてのかなと思ったけど、そうでもなかったようです。

とにかく、もう使ってしまったからもうないよ!ごちそうさま!

No.31

たばこ一本

商売柄 お客様のお忘れ物は沢山あります。

一番多いのは やはり傘 ハンカチ 携帯電話 財布 カバン 等々

しかしそれらは大体取りに来る方が多いです。

他ライター たばこなどもあります。

いつだったか、たばこを忘れたお客さん、中身は2本ほど入ったままの箱

ラッキー私と同じタバコだ、吸っちゃおっとポケットに、まさか2本だけのタバコ取りに来ないだろうと思い一服。

そして2本目に火をつけたところにさっきのお客さん、

タバコありませんでした?

ワッ!と慌てた私は、思わずタバコを後ろに回し、え!すみません、捨てました!

自分で云うのも変だけど、うそ下手だなー  思わず笑っちゃいました。

No32

シクラメン

ご存じの方もいると思いますが、当店の店先は花がいっぱいです。

季節折々の花を飾ってます。特に冬場のシクラメンは沢山飾ります

まるで花屋さんと勘違いする人もいます。

ある晴れた日、店先で水やりをしていると

あら、きれい それいくら位なのと云う女性

そうですね、たしか2000円だったかな と私、

こっちの花もきれいね、それはいくら?  

え!、もしかしたらこの方勘違いしてるかな思い

すみません、うちは喫茶店ですが、花屋さんじゃないですよと云うと

あら、ごめんなさい、売り物じゃないの、花屋さんかと思った。

でも、店ヒマだから この花も売っちゃおうかなと思う今日この頃でしたー (*^_^*)


順次更新中