上新城町内会規約 (改定案)
 
第1章  総 則
第1条 この町内会は上新城町内会と称する。(以下、本会という。)
第2条 本会は上新城居住者、及び上新城内で事業を営む者で組織する。
第3条 本会の区域を21組に分ける。
第4条 本会の事務所は会長宅に置く。
 
第2章  目 的
箪5条 本会は居住生活の改善、福祉施設の向上、防犯、防火等について関係官庁との協力の
      もと自主的に事業を行い、会員相互の親睦を図り住みよい明朗な街づくりを目的とす
      る。
 
第3章  事 業
第6条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1) 居住施設の改善並びに拡充。
2) 厚生福祉の増進。
3) 祉会教育施設並びに機関への協力。
4) 防犯思想の普及、防犯活動並びに警察への協力。
5) 防火思想の普及、施設の完備。
6) 街灯の維持。
7) その他、目的を達成するのに必要な事項。
第7条 本会は前条の事業を行うために次の部門をおき各部の運営には原則として理事が分担
      してあたる。但し、必要があれば会員の中より部員を委嘱することができる。
    厚生部・庶務部・防災部・衛生部・防犯部・子供会育成部・美化衛生部・婦人部
 
第4章  会 議
第8条 本会の会議は総会、理事会とする。
1) 総会は本会の最高機関であって毎年1回、会長が招集し行う。但し、会員の3分の2
       以上もしくは理事会の要求があった時は、臨時総会を開催しなければならない。議
       長は総会で選出し運営は理事があたる。
     2) 総会は本会役員及び新組長、旧組長で構成し開催する。但し、組長は事前に本会に
       申し出れば所属する紐より適任者を代理出席させることができる。
     3) 理事会は総会に次ぐ議決機関であり毎月、定期的に開催し会長が招集する。
       但し会長が必要と認めたとき、理事の2分の1以上の要求があった時には臨時の理
       事会を開催しなければならない。 
第9条 総会は本会役員及び新組長、旧組長の2分の1以上の出席を以て成立し(但し委任状
      を含む)、議決は出席者の過半数で決める。可否同数の時は議長が決める。
 
第5章  役 員
第10条 本会には次の役員をおく。
相談役 若干名
      会長 1名 ・ 副会長 若干名
      会計 2名 ・ 監査 2名・
      理事 若千名 ・ 組長 各組より1名
      青少年指導員 1名 ・ 体育指導員 1名
      神社責任役員 1名 ・ 神社総代 若千名 ・  祭礼委員 若干名
      但し、会計及び監査は原則として理事が分担する。
 
第11条 役員の選出
     1) 組長は各組から1名を選出する。
     2) 理事は会員から若干名を選出し総会で承認を得る。
     3) 会長及び副会長は理事会が選出し総会で承認を得る。
     4) 会計及び監査は理事会で理事が互選し総会で承認を得る。
     5) 各部門の部長は理事会の承認を得て会長が委嘱する。・
 
第12条 役員の任期は2年とする(組長は1年)。但し、再選は妨げない。補欠で選出された
       者の任期は前任者の残任期間とする。
 
第13条 役員の任務は次の通りとする。
1) 会長は会を代表して会を統轄する。
2) 副会長は会長を補佐し、会長が事故ある時に代理する。
3) 会計は会計事務を処理する。
4) 会計監査は会計を監査する。
5) 理事は分担して会務の運営にあたる。
6) 組長は会員の意思を代表して役員に伝え、また本会の諸事項を会員に周知徹底させる。
 
第6章  会 計
第14条 本会の会計年度は4月1日から翌年の3月末日とする。
第15条 本会の経費は町会費、寄付金及び雑収入で充てる。但し、寄付金の受領は理事会の承
認を得なければならない。
第16条 町会費は1ケ月1世帯あたり金200円としアパート・マンション(賃貸物件居住)は
100円とする。
第17条 徴収した町会費は一切返却しない。
第18条 本会の予算及び決算は理事会で決定し総会で承認を得なければならない。
 
第7章  慶 弔 規 定
第19条 本会会員、其の配偶者及び同居の家族が死亡した時は弔慰金を送るものとする。
 
第8章 付 則
第20条 本会規約は昭和28年に作成されたものを現在の環境に合うよう大幅に変更したもの
である。
第21条 本会規約は平成14年度の総会で承認を得て施行する。
第22条 本会規約第16条の町会費の納入は平成14年度10月分からとし、9月分迄は既存の
類とする。
第23条 本会規約を変更する時は総会の承認を得なければならない。